2015年1月22日~23日「人道献血・赤い液滴のシェア」イベント

学生の組合

2015年1月22日~23日「人道献血・赤い液滴のシェア」イベント

10:49 - 24-01-2015

人道献血は血液銀行に供給する同時に献血ボランティア活動の重要性について認識を向上するために、ボランティア会によって開催される12回に定期イベントです。それは、コミュニティに大きな意味をもたらします

2015122日~23日に、ハノイ営業・工科大学の学生会・青年会・ボランティア学生会は、中央血液学・輸血院と一緒に、HUBT人道献血・赤い液滴シェア日を開催しました。このイベントは、多くの学生、卒業生、先生、教職員が応援して参加します。ボランティア学生会によって提供される集計により、この2日間に今まで献血単位が記録的な数字になりました。具体的には、最初日の午前に献血312単位を受け、この数字が次の献血日に徐々に増えました。最初日の献血合計は、705単位、2日間に1301単位に達成しました。この結果のために、献血ボランティアに登録した約1000人の熱心・共有精神に従います。


人道献血イベントは多くの学生が参加しました。

以前、献血と言えば、多くの人は怖がるが、実際献血は健康に悪くなく、献血人の体調に特定の積極的な役割を果たすからです。献血量は、体が血液循環を提供するために再作成を迅速になります。献血は、時間及び力がかからないが、社会に必要です。献血ボランティアはみなさんに役割を果たす高貴な活動です。万一自分か家族等が血液を求める場合に献血がなければお金が多くても命を救うことができないこともあります。そのため、シェアした赤い液滴は献血人から貴重な贈り物こそです。簡単な動作だけで、人生により美しくさせます。救助する献血を実施することで、だれも仁愛を表し、命を救う贈り物を与えることができます。

人道献血は、社会全体の高貴な動作です。毎日、毎時に全国で救急患者に血液が足りないし間に合わないため困難な状態を発生しています。自分の少ない献血で、血液が必要な患者に命を救うことが可能です。この認識により、ボランティア学生会が人道献血を運動する際に、多くの先生、学生、卒業生が参加します。多くの人に命を救うことに寄付すると誇りだと思われています。


Aロビーでボランティア学生会の問い合わせデスクは学生から登録書を受け付けます。

人道献血イベントには、インタビューアも参加する学生若干をインタビューするチャンスがありました。学生の意見は次のようになります。


「これは、献血2回目なので初回に緊張しなくなります。このイベントを知るのはボランティア学生会のFacebookと、及び中央血液学・輸血院の宣伝によります。自分の血液を患者に共有するのは、人文的な行動なので、社会の多くの人に助けるために献血をします。

Pham Thu HuyenKT17.16クラス生


「これは初めてなので、献血前に緊張し怖かったのです。まず、献血した学生から助言を受けました。献血後に完全に普通だとかんじております。ボランティア学生会の学生はよく優しく世話をしてくれました。」

Nguyen Xuan ThuongQL19.24クラス生

イベントの写真は次の通り


献血前に健康診断をします。


学生は救助するために献血を楽しみます。


人道献血証明書を渡すデスク


みなさんは意味を持つことをできた時に誇りだと思われています。


ボランティア学生会の学生はみなさんに優しく世話をしました。

人道献血イベント7年間をわたって、ハノイ営業・工科大学の青年・学生から献血9000単位があり、感情な血により多くの患者の命を救いました。ここ数年、献血ボランティア活動の「赤い液滴のシェア・希望の送り」表彰を受けた学生が多いです。患者は、毎時私たちの共有行動を待って、生きる希望を高めて、家族と楽しい、社会により貢献するために健康で日常化生活にもどることを望みます。

献血後に貴重な寄付を記録する表彰紙を手入れます。これは、みなさんに対して誇りです。これより誇りは、強さや、生きるチャンスを他の人に与えることに寄付することです。

今回のイベントは、記録的な献血量で、意外で成功しました。学校の学生、先生の関心以外で、人文的な意味をもたらすためにメディアの関心を受けます。

開催者、患者を代表として、ご心に対してご感謝を表したいと思います。

救助する血液は我々のハートの中です。

一緒に人生の意味を味わうために、生きるチャンスをもたらして下さい。

Bui Thai

編集委員会

  • tags
その他のニュース
2015年1月に目立つ学生活動の紹介

2015年1月に目立つ学生活動の紹介

2014年に多くの活気の学生活動で終わりました。2014年の活動に引継ぎ、ハノイ営業・工科大学の重要な記念日に向かうために、学校は

Top 100 sinh viên học kỳ 1 năm học 2016 - 2017


20年 tin mới