Kangarooグループの総裁である1期生のNguyen Thanh Phuongの似顔

フィギュア

Kangarooグループの総裁である1期生のNguyen Thanh Phuongの似顔

09:11 - 22-01-2015

Nguyen Thanh PhuongHa Noi経営と工学大学の1期生であり、Ha Noi経営と工学大学から出た成功の人の中に一人です。現在、彼が家庭用商品と家庭内安全設備についてベトナムの強力なグループであるKangarooグループの総裁です。

私たちが以下に「Nguyen Thanh PhuongCEOの似顔:競争しても対戦しない」という投資新聞の記事を通してNguyen Thanh Phuongさんを一緒に調べましよう。

経営戦略の中にKangarooグループの“運転手”が競争の時に対戦しなくて商品、商標、テックについて異質を探すことを主張します。

2011Sao Do賞を入賞する商人のリストを見てKangarooが見えると突然に私がC1カップでManchester Utdが負けた後のスキャンダルを考えます。その時、試合の中間にこの商標の広告が急に出現することによってManchester Utdのファンが「Anti Kangaroo」会(Kangarooが好きじゃない人の組合)の成立を呼びかけました。そのショックについてKangarooグループのNguyen Thanh Phuong総裁が何にを考えますか

彼が「危急の時に愛するチームが2-1割合で負けているうちにKangarooが連続に出現することに対してMUのファンが苛々して催促すると感じるかもしれません。そしてMUが負けた後Kangarooが罪悪だとみなします。私たち会社にアンチ波がソーシャルネットワークで流行しました。

しかし、今には違った。多少のアメリカの大学とベトナムの大学がマケッティングの講義にKangarooの広告クリップを入れました。いろいろな意見があるけど商標の認知の目的について私たちの会社が成功しました」と答えました。

本当に今には違いました。「Anti Kangaroo」会が成立かどうか分からないけど送信プログラムを見る人はKangaroo型の広告方向が出現していることが見えます。そして通信界が積極と不利を含む多角度にとってその商標に言及します。

広告の費用について計算したらその事件にKangarooが利益をかなり多く取ったかもしれないけど特にあまり順調な年に対して経営、販売について「Anti fan」会が売上高に営業を与えるかどうか分かりません。

「客がエアコンを買うため1000万ドンをかかることを躊躇う時に湯気のファンを気に付く可能性があります。強い商品を買いたい時、新たなテックの商品に構います。Kangarooについて印象にとって客が調べます。その時、はじめの感情を実際の需要で代ります。

「合理的価額を持つ日用品の利点がそのところです。困難の時に客がエアコンを選べないけどファンと炊飯器を使わなくてはいかないです。」

「でもそれは一番険悪な競争の区分ではないでしょうか」

「私たちの戦略の中に競争や対戦がありません」

「信じられませんよ」

「あなたが信じなくても私たちが競争の時に対戦しなくて商品、商標、テックについて異質を探します」

1970年代に生まれた総裁が若く風貌より沈静で注意深いひとであると感じます。そして商場は戦場だと考えて君臨するため勝ちたい同僚の先輩と比べて競争について1970年代に生まれた総裁の観念のほうが進歩と感じます。

Phuongさんが言及した戦略は経済研究界が提出した対戦、異質、模擬の3つ戦略中に一番長期的な戦略です。しかし、若くて営業の経験と伝統が少ないベトナムの企業に対して異質の戦略を選ぶと一番危険と困難の歩き方です。

Phuongさんが「本当にそれは私たちのグループしかに対して大きな課題ではありません。でも、当初の大学生の時代から私たちは始めの基礎をよく準備したら運営が順調になる経営の基本的な原理が習われました。私たちがそんなに正しく実現しました。

自分の企業のテックが弱いから工学だけではなくて企業の運営、管理のシステムについて学習するため浄水器、エネルギーのテックについてオーストラリアの一統の会社と協力しました。家庭用商品に対して私たちの会社が日本の一統のグループと協力しました。

木曽の経験と学習したテックから私たちが異質を探しまた。他の会社がファンを作ってわが会社が湯気のファンを作ります。他の会社が給湯器を製造して私たち会社が人造ダイヤを鍍金する給湯器を製造します。テック時代の客に満たすので異質のチャンスがテックから行きます」と言いました。

近年にベトナムの企業が早く過ぎで発展していることを話す時、10階建物に応じる基盤に15階、20階を置くというPhuongさんの話にとって私が本当に印象を感じました。金儲けチャンスが大き過ぎで早過ぎので大勢を急遽で幻想によって高すぎ建物を作ったけど建設した基盤が受けられないことを忘れます。それで、破壊が当然です。

しかし、ベトナムの市場が後に発展するので世界の基準に応じなくて成功した多くの商人の方法が長期を養育するため短期を使って、主体を育成するためチャンスを使う方法です。そのことの原因は順序に応じて十分に準備してから開始すると遅くてチャンスを無くします。一方、経営者であればチャンスを無くしてはいけないです。

「あなたが2010年が困って2012年がもっと困れると言いました。経営者が誰もそんなことが欲しくないけど困難が自分に見直して速く発展の時見られない短所を見つける機会です。私たちは建造した基盤が発展するスピードに応じるかどうか見てから適合のために調整すます。でも、私たちが基盤が堅固だったら発展できる理論による行動します。」

10年後にPhuongさんは自分が予定に比べて早いか遅いかと思いますか」

「二人が同時に起業した。一人が説得する方針があり、資金を回収する方法を出したり詳しく戦略を概説しました。残る一人が行きながら戦略を概説します。結果は第2目の人のほうが早く行きました」

私たちが第2目グループに属します。行きながら戦略を出します。もちろん、大切な基礎は運営に基づいて人事と戦略が異質を選びます。現在、臨時に良い結果を遂げました。」

浄水器から開始して、今Kangarooが東南アジアのトップ企業にいる顔望にとって多角化企業の姿を持った。2011Kangarooの成長割合が400%達成しました。Kangarooの船長がSao Do(2011年の代表的商人賞)を受賞した。受賞されたことによって圧力がかなり大きくて特に経営界の中です。

「私が積極傾向を考えて企業に対して責任を見られて経営が利益と売上高だけではなくて労働者、社会に対して責任であると分かります」

テック時代に経営する人は本当にテックの影響、ネットワークの力をおろそかにできません。Facebookでのアンチの話がどんな終わっても1970時代に生まれた総裁に多く経験を齎しました。社会に対して責任が献金しかではないですから


投資新聞


 

その他のニュース
女性社長の述懐

女性社長の述懐

これは経営管理学部の旧学生で現在経営と工学大学の大学院の4期生である人の述懐である。一緒に彼女の親展を見て感じよう。 今日は

Top 100 sinh viên học kỳ 1 năm học 2016 - 2017


20年 tin mới