13期生は携帯電話を営業することによって毎月の営業収入が何億兆である

フィギュア

13期生は携帯電話を営業することによって毎月の営業収入が何億兆である

15:27 - 12-01-2015


Tinhte.vnのウェブサイトのファンにとって携帯電話の種類について有利なカウンセリングとともにHoangGiang731989のニックネームに慣れました。この記事で紹介したい人はHa Noi市のDai La町にMango携帯電話店の店長でHa Noi経営と工学大学の4年生のNguyen Hoang Giangさんです。

自分が運営する会社を振られること

Ha Noi経営と工学大学の学生であるので2年生からGiangさんがソフトスキルのクラブを成立して学生に有利な生活を作ります。Giangさんが好学で能動の人であり、先輩から経験をよく学習します。経営を行う前、Giangさんが2年間ぶり携帯電話について研究しました。Giangさんの記事が威信的テック討論会のTinhte.vnホームページに掲載したことがあります。なお、GiangさんがLG Viet Namにオフラインで携帯電話について紹介を誘われることがあります。共通に威信があるのでGiangさんの店が客から興味があります。

しかし、Giangさんが起業の時経験がないと言いました。「寂しいけど大学で家を借りること、契約の作成、経営登録書の要請、インターネットでマケッティングなど必要な知識を教えられなくて全部が自分で習わなければなりません」と言いました。初の店はGiangさんが友達と協力して開設してから1年間ぶり営業されました。はじめは客がかなり多くて営業が利益を取り始める時二人間の争いが発生しました。1年余に争いが増えてGiangさんが店を17000000ドンにとって離しました。

Giangさんはこの時に信条、友達、お金、作ったことの全部が無くすることだから落ち込んだと言いました。その事件の後、自分に向け次の経験を抽出しました。それはまず、金が人の変更(仲間の人であるも)を与えられるのでそのことを防ぐべきです。また、起業の時、普通に他の人と資金を出し合ったいけど資金を出し合って経営するとき争いを発せすることを知るべきです。それで、自分で起業を出来ない場合、争いを遭った時に解法についていつも考えるべきです。

個人的商標を良い値段で売れ


Giangさんが17000000ドンにとって店を離したけどテックに興味があって自体に信条が無くしません。その時点に市場が威信がある店が不足であり、またその時点にGiangさんが市場について調べた情報がまだ有効であるけど時間を空けたら市場について知らないと考えました。それで、GiangさんがNam Dinhの出身へ帰って両親にお金を借りてHa NoiMango携帯電話店を作りに戻りました。一晩をかかってGiangさんが町の学校の教師である両親にGiangさんの起業資金として家の隣に土地を1億ドンで売ることを説得しました。

両親に説得の秘訣について聞くときGiangさんがそれは長年に自分の威信とイメージによってと言いました。両親が信じられる人格以外、Giangさんが40学生が参加するクラブを運営すること、VTV6の「若い接続」という論争コンテストで一等を取ること、夏休みに社長補佐を担当することは家族の威信を強化しました。Giangさんが「私が好学、決心、自信の人です」と言いました。Mangoへはじめに来た時、リトルで近視眼鏡をかける青年に会って私が店の技術店員であると思いました。しかし、仕事を賢い解決する方法、自信の体裁、時々客とニューモアに話すことに見るとGiangさんがMangoの店長だと考えました。Giangさんの体裁は全社員が学生である店の一般的文化です。

Giangさんが「私にとって客が神様だけではなくてその神様が友達になりたいです。私にとって利益が一番大切な問題ではありません。それで、いろいろな看板がある計帯電話の販売の環境でMangoで客を騙さなくて客に出来るだけお世話をするという方針が貫徹されたので全店員が楽しくて気楽だと感じられます。そのことが人のそれぞれに人格、自信を形成します」と言いました。

毎月の営業収入が何億兆です

私が年末の日の午後にMangoへ来て店の面積が20m2不足であるけどいつでも客が多いです。携帯電話を買う客、携帯電話を保証する客、携帯電話を見に来る客が誰も嬉しいそうです。Giangさんによりにぎやかな販売の時間に商品の多数がよく売れると言いました。毎月の売上高が約10億ドンであり、費用を償却した後毎月の利益が約5000万ドン-7000万ドン取ります。その利益が学生にとってかなり多いけどGiangさんによるそれはHa Noiにの携帯電話店と比べて最低であると言いました。

最近、SkyTakeなど韓国の携帯電話がベトナムの若い人に流行になったからGiangさんの店の店員が客に忙しく支援しています。この携帯電話は韓国の国産品であるので問題を発生することがあります。Giangさんが「私がインターネットで討論会を開けたけど皆が店へ補助に来たいです。疲れますが楽しいです。客が静かだったらさびしいです」と言いました。

“若いから金の力は瞳が薄暗く影響されません”

営業の方法について説明する時Giangさんが「私たちが若くて夢が多いので金の力は目が薄暗く影響されません」と言いました。Giangさんが忠実ではなくて客を騙すため権謀を使う店がMangoより利益を10倍取る店が多いと言いました。しかし、Giangさんの見解によるその営業方法が実質ではなくて発展できない方法です。Giangさんが「自分の営業方法しかにとって増大できないと信じます。消費者が賢明になるので客がいい店を選びます。長い時間をかかってもMangoが小さくても将来の発展のため威信が強固な基礎です」と言いまひた。今まで、1年間営業した後、Giangさんが店員に信じられて店員に管理を委任できます。人材の待遇はよい給料とよい賞金制度に基づきます。その以外、継続人材を教育し、店員が重んじられると感じるため管理権をたれるべきです。

広告方法についてGiangさんがオンラインでマケッティングに集中します。Giangさんによりマケッティングが良く運営した時しか行います。Giangさんが「良い戦略がないとマケッティングが逆効果になります。客が来るとサービスが良くないと汚名を残します」と言いました。Mangoの商標が若い営業風格にとって若い人に威信と名目を造っています。この威信に最も重きを置く経営方法が拡大に適用されることを期待します。“行くと来る”、Giangさんの“静かに一歩一歩”の活動がベトナムの消費者に利益を齎すと期待です。GiangさんとMangoの商標に遠くない将来に拡大することを祝います。

                                                                      Tan Hoaによる
                                                                     CafeBiz/TTVN

  • tags
その他のニュース
女性社長の述懐

女性社長の述懐

これは経営管理学部の旧学生で現在経営と工学大学の大学院の4期生である人の述懐である。一緒に彼女の親展を見て感じよう。 今日は

Top 100 sinh viên học kỳ 1 năm học 2014 - 2015


20年 tin mới