HUBTについて紹介

紹介

Ha Noi経営と工学大学


  • Ha Noi経営と工学大学が1996年6月に設立されてTran Phuong巨匠(ベトナム経済学会の主席で元副首相です)は学長です。大学は国家から三流労働メダル(生誕10年記念のたびに)と二流労働メダル(生誕15年記念のたびに)が贈与されました。
  • 大学がメンタルの労働者の協力会であり、利益の目的のためではなくて人事の教育と人材の養成を目的として大学を堅固な建設して発展するために志願に出金して協力しました。
  • 大学は学校の特命が実行経済者と技術-工学者を教育して各企業の首班を設定するため人力(人民が金持ちで国家が強くて社会が平等のため経済-社会を発展する主力の人です)を養成します。
  • 大学が業務-実行の教育を主な方向として論理的知識を勉強しながら実行の技能を練習して創造の考えを発展して理論が実際と結合しなければなりません。才能の発展しか構わないで才能の発展が道徳の練習と結合しなければなりません。
  • 大学が大学を卒業した学生が30000学生いて短大を卒業した学生が1700学生いて大学院を卒業した学生が370学生います。ほとんどに卒業した後高い給料にとってすぐに就職しました。
  • 大学の教師が固定的な教師が940人います。そのうちに博士と巨匠と副巨匠が130人いて修士が320人がいます。残る部分が学士とエンジニアです。
  • 固定的な教師以外、大学が不固定的な教師と協力します。
  • 大学は勉強と実行のため学生ずつにパソコンがあるためにパソコンが2100台あります。
  • 他の大学と比べて大学の教育プログラムがかなり重いです。

1. 大学:240-246学単位です。普通は210学単位です
2. 短大 : 180 - 186学単位です。普通は140-50学単位です

  • この知識と技能の数量は学生にまじめで厳しく勉強することを求みます。勉強より遊びがすきな人はそのプログラムに応じません
  • 大学が試験にいんちきと消極的な行為を徹底に防ぎます。この禁止を違反する人は大学の役員だったら解雇されます。学生だったら一番厳しい規律処分を負わなければなりません。

大学はどの程度ですか

  • 高校を卒業した後皆に高校後の学校に入学するチャンスが開けられました。その時、業界ずつに応じていろいろな学校があります。

高校後の学校が時間の3つ程度に応じて3つ程度があります。(学校の3つ種類に応じます)

- 2年間:専門学校又は共同短大
- 3年間:短大
- 4年間:大学

  • 教育の3つ程度を分けることは学生に便利を作ることのためです。就職するために2年間だけにとって卒業できます。仕事があった後に働きながら勉強し続けられやすいです。
  • 私たちの青年が誰も大学に入学したくて大学の卒業だけが社会に高い位置を遂げると考えます。それは間違い考えです。欧米など先進の社会を含むどの社会にも大学程度より専門学校程度が多く要ります。会計船員、貿易船員、コンピュータ船員が専門学校の程度にとって仕事が担当できます。小さい企業が会計主任を担当するため会計学の学士を要りません。専門学校程度の会計船員は満足です。そのことを確定出来ればどの学校の程度かどうか心配しません。どの程度も厳しく勉強すると働けます。

どの業界ですか?

  • Ha Noi経営と工学大学は多業界、多程度、多形式で教育する大学です。

大学程度について業界の16つを教育しています。
経済-経営の業界グループ

1. 国家管理
2. 経営管理
3. 貿易経営
4. サービス経営
5. 財政
6. 銀行
7. 会計-会計監査

技術-工学の業界グループ

8. 情報工学
9. 電気-電子技術
10. 機械電子技術
11. 建築物建設技術
12. 建築
13. 適用美術

外国語の業界グループ

14. 英語
15. 中国語
16. ロジア語

短大程度について業界の11つを教育しています

1. 国家管理
2. 経営管理
3. 貿易経営
4. サービス経営
5. 財政
6. 銀行
7. 会計-会計監査
8. 情報工学
9. 電気-電子技術
10. 機械電子技術
12. 建築物建設技術

大学院程度について5つ業界を教育しています

1. 経営管理
2. 財政
3. 銀行
4. 会計-会計観察
5. ソフト技術

教育形式について以上に書いた各程度に属する全業界に対して集中教育形式以外、大学が経済-経営学と情報学に対して継続大学(勉強しながら就職します)のコースを開催しています。

  • 情報工学、財政-銀行学、会計学の学士を教育するプログラムに対してEラーニングの形式も開催しています。
  • 専門学校、短大、訓練短大を卒業した人に対して大学に弁行し続けたわなければ大学が大学程度に継続教育プログラムがあります。そのプログラムを勉強すると学生が大学の集中大学程度に属する科目を勉強しなければなりませんが前の学程度で勉強した科目に対して免じます。集中程度で勉強できない人は集中ではない程度を選択できます。
  • 現在、会計学を勉強したい学生が多いです。どの機関/企業も会計主任と会計船員をいるのでそのことは分かりやすいです。しかし、働きたい人が多い業界は就職しにくいですから気を付けるべきです。そして、誰も会計業に合わせることではないです。堅持しない人、注意深くない人はこの業界に合わせません。
  • 前時代に投資する資金が足りないので私たちで技術-工学が発展しませんでした。最近、海外資金が増えて国中の3つ部で現代的な工業を設定してから技術-工学について高い程度の人力が満たせません。それで、私たち国の学生が時代の趨勢を認識して技術-工学に向くべきです。